Desired Landscapes Issue 3

Regular price $19.00

Tax included.
Topic
Visual Culture, Design Theory, Architecture, Travel ,Literature

THEME
Each issue covers a diverse mix of cities without having a specific theme. The final edit though, reveals connections, contradictions and patterns. I would say that issue 3 reflects on cities’ identity and perception of history, while drastic changes such as gentrification, or migration, occur. It is designed in such a strict and generic editorial format, so that the mood will emerge from the stories themselves.

毎号、とくにテーマは設けず、いろいろな街を取り上げています。この3号目は街のアイデンティー、そして、ジェントリフィケーション、マイグレーションのような急激な変化が起きている最中での、歴史の見識を反映していると思います。そういうことが記事それぞれから伝わるように、とても慎重にそして全体的な編集フォーマットでデザインされています。

STORY BEHIND THE COVER
The cover uses typography only, as a reference to old guidebooks, when typography was the means to convey the sense of a place boldly. There is also the double foil of UV on this purple durable paper, to add tactility and an emotional layer.

まだタイポグラフィーが力強く、その場所の感覚を伝えるという意味を成し得ていた時のような、その昔のガイドブックから参照されたタイポグラフィーだけを使っています。 それから、この紫の丈夫なUVコーティングのカバーによって、触り心地もよく、ドラマティックさをプラスしてくれています。

BEST MOMENT TO READ
Definitely when on the go! It is designed in pocket size to carry it anywhere without being heavy. Its content on the other hand, is so dense to last during your getaway.

間違いなく、出かける時に!重さを気にすることなく、ポケットに入るサイズでどこにでも持っていけるようにデザインされています。でも内容はそれとは反対に、あなたのお出かけ中の間はしっかりと残る深いものとなっています。

SOUNDTRACK
It could either be something cinematic like a Jim Jarmusch soundtrack, or something to get you going as Jungle.

きっと、何か映画っぽい、Jim Jarmuschのサウンドトラックのような、それかジャングルにいる行く気になるような何かかな。

Date published
March 2020
Country / Language
Greece / English
Reason for print format
SWe choose words and images to be timeless, as most pieces analyze history and person-to-place bonds. Print gives you the opportunity to always go back and re-read, compare, reflect with no distractions. The idea behind that was to create a full collection of all issues, as fragments of cities.

私たちは人と歴史が結びつく場所を分析できるよな古びない言葉や写真を選んでいます。紙媒体は気が散るものもなく、いつでも振り返ったり、読み返したり、比べたり、思考したりする機会を与えてくれます。全ての号を離れ離れの街たちを集めるよに、まとめて欲しいという思いも込もっています。