ANCHOA Issue 1

Regular price $12.00

Tax included.
Topic
Food origins, Agriculture, Gastronomy, Climate change 

THEME
There’s an indirect theme throughout and it’s the notion of ingredients and topics within gastronomy as having a ‘misfit’ undertone. When we started putting this issue together, we continued to face the reality that the vast majority of Argentines are more inclined to consume meat over seafood, meat over vegetables, meat over everything (considering Argentina is famous for its beef). And what was surprising to us was that Argentina has one of the most biodiverse coasts in the world, yet there isn’t much local seafood consumption as most of it gets exported abroad. The same happens with most of our beans and organic produce. The more this reality started popping up, the more we wanted to focus exclusively on ingredients that weren’t widely known or consumed by the local market (featured in this issue: anchovies, carob, orange wine, artisanal local cheese). We also wanted to showcase individuals who are not afraid to speak their truth, may it be on what it means to be a pastry chef, or calling out the use of native wood for barbeque fires, or urging consumers to consider the nutritional density of their food.

全体的に間接的なテーマがあり、それは含有物 、そして不適合な潜在的な性質を持つ美食学内のトピックの概念です。この問題をまとめ始めたとき、アルゼンチンの大多数はシーフードよりも肉、野菜よりも肉、すべてよりも肉を消費する傾向があるという現実が分かりました。( アルゼンチンの牛肉は有名であると考えられています )。そして驚いたのは、アルゼンチンには世界で最も生物多様性の高い海岸の1つがありますが、そのほとんどが海外に輸出されているため、地元のシーフードの消費量が少ないのです。私たちの豆や有機農産物のほとんどでも同じことが起きています。この現実を受けて、私たちは地元の市場ではあまり知られていない、または消費されていない食材( この号で取り上げられているアンチョビ、イナゴマメ、オレンジワイン、職人の地元のチーズ )だけに焦点を当てたいと思いました。また、パティシエであることの意味、バーベキューの火に天然木の使用をお勧めすることや、消費者に彼らの食の栄養密度を考慮するように促すことなど、真実のことを話してくれる人たちを紹介したいと思いました。

STORY BEHIND THE COVER
As “Anchoa” means anchovy in spanish, we knew the cover couldn’t feature anything else. We wanted to showcase the simplicity of this ingredient in its most recognizable and somewhat cult like association, the tin. Ironically enough, in Argentina you won’t easily find anchovies that come in tins (as these are too expensive for producers) yet we all still associate anchovies as coming in a tin. There was a growing concern as we knew a closeup of an anchovy fillet might not be the most aesthetically pleasing sight but the argentine anchovy - the Engraulis anchoita - really is a stunner. We had three different types of anchovies on set, two of which were from Spain and the third from Argentina - all bias aside - the Argentine anchovy won in terms of looks and is the one featured in the cover! 

「アンチョア」はスペイン語でアンチョビを意味し、表紙はこれしかないと思っていました。この成分のシンプルさを、最も認識しやすく、そして熱狂的なカルトのような存在である、缶づめで紹介したいと思いました。皮肉なことに、アルゼンチンでは、缶入りのアンチョビを簡単に見つけることはできませんが( 生産者にとっては高すぎるため )、私たちは皆、まだ缶入りのアンチョビを連想します。カタクチイワシの切り身のクローズアップはあまり美的に心地よい光景ではないかもしれませんが、アルゼンチンのアンチョビ ”Engraulis anchoita”は本当にすばらしいことが分かりました。3種類のアンチョビを準備していて、そのうち2つはスペイン製、3つ目はアルゼンチン製でした。統計は別として、アルゼンチンのアンチョビは見た目で勝利していて、表紙に登場しました。

BEST MOMENT TO READ
Right away, approximately 30% of greenhouse gasses come from the food industry alone* (this is more than all planes and cars combined). We might not be calling out global warming in every article but the truth is, Anchoa is about climate change as produce and those growing our food are directly related to the environment. Our pages are dedicated to ingredients and the supply chain as we set out to reconsider what a gastronomy magazine should be about / what it must be about today. We don’t have much time left to turn things around in terms of the climate, so we feel very passionate that a possible alternative for change might be through a conscious lens, of understanding the history of ingredients and those involved with them, of trying to help create consciousness through the lens of pleasurable reading. Which will hopefully surprise the reader, causing them to reconsider their perception of a certain ingredient, and we believe that this can then work as a domino effect of positive change when they are doing their grocery shopping or choosing what restaurant to visit.

すぐに、食品産業だけから温室効果ガスの約30%が発生します*( これはすべての飛行機と車を合わせたものよりも多いです )。すべての記事で地球温暖化を指摘しているわけではありませんが、実際、アンチョアは農産物としての気候変動に関するものであり、私たちの食糧を育てている人々は環境に直接関係しています。私たちのページは、美食雑誌がどうあるべきか/今日、どうあるべきかを再考するために着手した食材とサプライチェーンに捧げられています。気候の面で物事を好転させる時間はあまり残っていませんが、意識的なレンズを通して、成分とそれらに関係する人々の歴史を理解し、楽しい読書のレンズを通して、意識を作成するのを助け、変化の代替えになるかもしれないということに非常に情熱を感じています。これは読者を驚かせ、特定の成分の認識を再考させることを願っています。これは、食料品の買い物をしたり、訪れるレストランを選択したりするときに、前向きな変化のドミノ効果として機能すると考えています。

SOUNDTRACK
Anchoa follows a long reading format so anything that can keep you good company and isn’t too distracting as you delve through the different features and stories. We would like to recommend something mellow, maybe some Joao Gilberto / Stan Getz or Radiohead. You could also give some Argentine rock a try and listen to some Sandro or Suis Generis.

アンチョアは読見応えのあるものなので、きっと何でも合い、さまざまな特集やストーリーを掘り下げることを邪魔しないと思います。ジョアン・ジルベルト/スタン・ゲッツやレディオヘッドなど、メロウなものをお勧めします。アルゼンチンロックを試して、サンドロやスイスジェネリスを聴くのもいいと思います。

Date published
February 2021
Country / Language
Argentina / Spanish
Reason for print format
Truth is we are fans of the print format and felt that neither Argentina nor most of Latin America had many independent print magazines. We also felt that the content we’ve decided to feature is mostly overlooked, so we wanted to help  recontextualize the subject matter on to a printed page (which is costly). We wanted to make sure that the reader understood the content was worth printing because it is important. Our food systems are important.

私たちはプリントフォーマットのファンでもありますが、アルゼンチン、ラテンアメリカにはほとんどインデペンデント系雑誌がないなということを感じていました。また、特集することにしたコンテンツはほとんど見落とされているような気がして、それを助けたいと思い、その題材を再度テキスト化してページに落とし込みました。( コストはかかりますが )。読者がこういったコンテンツを印刷する価値があることを理解していることを確認したいのと、それから私たちのフードシステムはとても重要だからです。

Web site / Instagram
anchoamagazine.com / @anchoa.mag