Balcony Issue 1

Regular price $20.00

Tax included.
Topic
Artists, Art, Architecture

THEME
balcony is not thematically driven. The artists and writers selected are not united through aesthetic or approach. There is no common thread. There is only perspective.

balconyはテーマに沿っては動いていません。アーティストたちや、ライターたちは美的またはアプローチにそって集められてはいません。共通の話題もなく、ただそこにはその視点があるだけです。

STORY BEHIND THE COVER
The cover concept was conceived by our designers, Ben Fehrman-Lee and Julia Novitch. The word 'balcony' and the way it is split informs the interior master page design. The artwork depicted on issue 1 is a work entitled Swan from 1967 by Françoise Grossen. It is a fiber work that we have rendered as a silkscreen. It was the first image we discussed for the cover over 1 year ago.

カバーのコンセプトは、デザイナーのベン・ファーマン・リーとジュリア・ノビッチによって考えられました。「バルコニー」という言葉とその分割方法は、インテリアマスターページのデザインを示しています。1号目に描かれているアートワークは、フランソワーズ・グロッセンによる1967年の白鳥と題された作品です。シルクスクリーンとしてレンダリングしたファイバー作品です。 1年以上前に表紙について話し合った最初のイメージでした。

BEST MOMENT TO READ
You can ready balcony at any moment. It's beautiful but not precious so it should travel with you wherever you go.

どんな時でも読んでいいと思います。とても美しい本ですが、貴重なものではないので、あなたがどこへ行っても、一緒に持っていけるものだと思います。

SOUNDTRACK
We actually created a soundtrack for the first issue! The Chilean artist Iván Navarro, who we feature in this issue, has had a music label for almost two decades. Hueso Records finds and or restores overlooked or never released music primarily Latin American origin, mixing genres and influences to reflect Iván's own musical history growing up in Chile in the 1970s.

 

 

 

実は、この1号目のためにサウンドトラックを作ったんです!この号で取り上げるチリのアーティスト、イヴァン・ナバーロは、ほぼ20年にわたって音楽レーベルを持っています。Hueso Recordsは、1970年代にチリで育ったイヴァン自身の音楽史を反映するために、ジャンルと影響を混ぜ合わせて、主にラテンアメリカ起源の見落とされた、またはリリースされなかった音楽を見つけたり、復元したりしています。

Date published
June 2021
Country / Language
Greece / English
Reason for print format
Because it's deliberate and allows for touch.

それは意図的で、触れることができるからです。

Website / Instagram
balconymagazine.com / @balcony.magazine