Blackstar's Seen Journal Issue 1

Regular price $20.00

Tax included.
Topic
A journal of film and visual culture

THEME
There is not necessarily a single theme but this from the Editor's letter is instructive: "As artists of color, we have always had to contend with our work being overlooked and ignored. We are practiced in finding each other, making demands of institutions, and building worlds anew. With Seen we are attempting to highlight why our perspectives on our art have always been and continue to be vital." - Maori Karmael Holmes Editor-in-Chief

特に個別にテーマを持つことはないんですが、これが私たちからのメッセージです。 「有色人種の芸術家として、私たちは常に見過ごされ無視されている作品と戦わなければなりませんでした。私たちはお互いを見つけ、制度の需要を作り、新たに世界を構築することで実践されています。この雑誌が、私たちのアートへの視点がなぜいつもそして常に重要であり続けるかを示してくれます。」- Maori Karmael

STORY BEHIND THE COVER
The cover image of Radha Blank is illustrated by Makeba Rainey based on a photo by Caydie McCumber, courtesy of Sundance Institute. Design by Jelsen Innocent.

Radha Blankの表紙は、サンダンス・インスティテュートの厚意により、Caydie McCumberの写真を基に、 Makeba Raineyによって描かれています。 Jelsen Innocentによるデザインです。

BEST MOMENT TO READ
Anytime really.

ほんとうにいつでも。

SOUNDTRACK
Not sure, though Blitz Bazawule, whose storyboards for The Burial of Kojo are featured inside, also records music as Blitz the Ambassador. And Loira Limbal, director of Through the Night, who is also profiled, performs as DJ Laylo. So those might be two places to start!

この雑誌でも紹介しているコジョーの埋葬のストーリーボードのBlitz Bazawuleも、Blitz the Ambassadorとしてミュージシャンもやっています。そして、同じく紹介されているスルー・ザ・ナイトのディレクターであるLoira Limbalは、DJ Layloとして活躍しています。この二人から始めるのがよさそうですね。

Date published
November 2020
Country / Language
US / English
Reason for print format
Through the production of the BlackStar Film Festival, we have learned from our audiences that in order to shift the practices in the field, focusing on who is in front of and behind the camera is not enough. One element of the film world that is rarely addressed in conversations about race and representation is the lack of published critical writing on film by BIPOC folks.To provide this opportunity for critical writing, BlackStar is now producing a semi-annual journal, titled Seen. Amongst the culture writing that is regularly shared, very little is written by people of color or with the analysis of a racial justice lens. A regularly published journal extends the critical discourse of BlackStar beyond the festival and into a wider audience that includes makers, academics, funders, critics, and other stakeholders in the field.

BlackStar Film Festivalの制作を通じて、私たちは観客から、現場での慣習を変えるには、カメラの前と後ろにいる人に焦点を合わせるだけでは不十分であることを学びました。人種や表現についての会話でめったに取り上げられない映画界の1つの要素として、BIPOCの人々による映画に関する批評が表にだされていないことです。 批評の機会を提供するために、BlackStarは現在Seenというタイトルの半年ごとのジャーナルを作成しています。定期的に共有されているカルチャーライティングの中で、有色人種や人種的公平の視点でのの分析によって書かれたものはほとんどありません。定期的に発行されるこのジャーナルは、BlackStarの批判的言説をフェスティバルを超えて、メーカー、学者、資金提供者、批評家、およびこの分野の他の利害関係者を含む幅広い聴衆に広げていきます。

Web site / Instagram
seen.blackstarfest.org / @seen_journal