Facility Issue 1

Regular price $15.00

Tax included.
Topic
Bathrooms

THEME
Facility is a magazine about bathrooms. It treats the bathroom as a small but interesting window through which to view society. Issue 1 has an interview with plumbers, bath riots on the El Paso-Juárez border, the origins of sex segregated bathrooms, urine drinking, a history of fluorescent lighting, plus reviews of pills, ductwork, glycerin, and mirrors — and more.

Facilityはトイレについてのマガジンです。私たちはトイレを小さい、でも社会を分析するおもしろい窓として扱っています。1号目は配管工業者のインタビュー、エル・パソ・フアレスボーダー(国境)で起きたトイレ騒動の話、男女別トイレの起源、蛍光灯照明の歴史、そして錠剤のレビューに、ダクト工事、グリセリン、鏡と、多くのことを取り上げています。

STORY BEHIND THE COVER
Zekarias Thompson took this photo in Oakland, CA. When you say "bathroom," everyone tends to think of toilets, but we wanted to highlight a weird ubiquitous object people rarely contemplate, like the paper towel dispenser.

Zekarias Thompsonがオークランドでこのカバーを撮りました。’バスルーム’と言うと、みんなトイレと考える傾向があると思いますが、私たちは、ペーパータオルディスペンサー( トイレットペーパーを取り出す容器 )のような人々が目に止めることもないがどこにでも当たり前のようにあるものに焦点を当てたかったんです。

BEST MOMENT TO READ
In the bathroom or at the laundromat.

トイレかコインランドリーでも。

SOUNDTRACK
"Shoot the Pump" — it's a song about opening up the fire hydrant. Make infrastructure work for you!

"Shoot the Pump” 消火栓を開放している歌です。インフラを有効活用しよう!

Date published
Fall 2019
Country / Language
USA / English
Reason for print format
We're really interested in spaces and places, and we wanted to make an actual object that lives out in the world. You can give a print magazine as a gift; you can find it on the sidewalk; if you read it in public maybe it'll spark a conversation with a stranger. Plus we wanted to make something you could leave on your toilet.

私たちは空間と場所にとても興味があって、この世界に生き続ける実在のものを作りたかった。雑誌はギフトとしてあげることもできたり、路上で見つけるものかもしれない。もし公共の場で読んでいたら、知らない人との会話のきっかけになるかもしれない。それプラス、あなたのトイレに残せる何かを作りたかったからです。

Web site / Instagram
facility-mag.com / @facilitymag