FIFTY GRANDE Issue 1

Regular price $14.00

Tax included.
Topic
Travel, food

THEME
Each issue has a theme and the first is hometowns since I thought that was the fastest way to get to insightful exploration of places. Our mag focuses specifically on the United States and there’s no better way to get to know a place than to talk to the “townies.” You could pretty much read tips and city guides from anywhere on the Web to compile a list of things to do when traveling. But there’s no better way to get the lay of the land than to talk to someone who knows a place. A local lives there, but someone who conveys a place’s cultural undercurrent, way beyond, say, where to eat brunch — that’s gold.

各号テーマがあり、1号目はホームタウンで、本質を突いた場所の調査を一番早くできると思ったからです。この雑誌は特にアメリカ合衆国にフォーカスを当てていて、その町を知るにはその町の人の話を聞くのが一番です。あなたが旅行をする時、その場所でできることのリストが集まったウェブサイトから、大体のおすすめやガイド情報を手にいれることができます。しかし、新しい場所の状況を知るのは、その場所のことを知っている人に聞くのが一番いいに決まっています。地元の人がいて、そして地元の文化的な目に見えないものを伝えてくれる人が教えるブランチのおすすめの場所、それが一番最高です。

STORY BEHIND THE COVER
There’s a pie on the cover of our first issue, so I hope that tells you that we want to approach things differently than other travel magazines.

一つのパイが私たちの1号目のカバーで、そのカバーから、この雑誌が他のトラベル雑誌とは違うアプローチをしているということをわかってもらえたらいいなと思います。

BEST MOMENT TO READ
All moments are good. But especially any time you’re in need of a break, in the mood to be entertained and looking for travel inspiration.

どんな時でもいいとは思います。でも強いて言うならば、休憩を必要としている時、なにか楽しみがほしい時や旅行のアイデアがほしい時。

SOUNDTRACK
On page 22 is this section called “Stuff We Love” and that’s going to be the spot that answers this question in each issue. I’ll say Idles since they’re in those pages right now, but ultimately I want readers to tell me what the soundtrack should be.

22ページ目は’私たちが愛するもの’というコーナーで、そこには各号のこの質問の答えが載っているはずです。今号はそのページに今回取り上げているIdlesですが、最終的には読者に何がこの雑誌に一番合っているか教えてもらいたいですね。

Date published
Winter 2019
Country / Language
USA / English
Reason for print format
Specifically to create an unplugged, lean-back experience for people to enjoy away from the Interwebs.

特に、テクノロジーに頼っていないクリエティブなものは、人々にインターネットから離れられ楽しめる、ゆっくりとくつろげる経験を与えてくれます。

Web site / Instagram
fiftygrande.com / @fiftygrandemag