Magazine for Young Girls

Regular price $20.00

Tax included.
Topic
Photography, Fashion and Pop Culture

THEME
It’s about exploring the possibilities of what being a young girl can mean. Issue 1’s theme is around female archetypes. I think the term “young girl” is used quite pejoratively so I wanted to see what other meanings we can imbue the term with. Conversely, it also reflects the myriad personas one has to adopt in order to navigate this world as a woman.

少女でいることの意味の可能性の探求についてです。1号目のテーマは女性の原型についてです。「少女」という言葉はかなり軽蔑的に使われていると思うので、他にどのような意味を込めているかを知りたかったのです。逆にそれはまた女性としてこの世界を渡り歩くために身につけなければならない多種多様な人格を反映していると思います。

STORY BEHIND THE COVER
No. Although its kinda funny as Ji Soo and I both agree that the girl on the cover looks like a combination of both our faces.

何もとくに。実はおもしろくて、私たち二人ともこのカバーの少女が私たちの顔の両方を組み合わせたようにみえるって言ってました笑。

BEST MOMENT TO READ
When you want to feel seen.

見られたい時。

SOUNDTRACK
There’s this song by Sulli that I really like called “Dorothy”, and also all of the songs Rempit Goddess has created for us.

Sulliというアーテイストで「Dorothy」という大好きな曲があります。あと私たちのために、Rempit Goddessはすべての音楽を作ってくれています。

Date published
September 2020
Country / Language
The Ether/ The Internet / English
Reason for print format
A printed magazine has more presence and the impact of layout and design decisions can be felt more. We also didn’t want the publication to only reach solely and online crowd.

印刷された雑誌はより存在感があり、決断されたレイアウトとデザインの効果をもっと感じることができます。また、出版物がオンラインの人たちだけに届くことを望んでいないからです。