METER magazine Volume 4

Regular price $15.00

Tax included.
Topic
The intersection of the physical, intellectual, and transcendental, all centered around the activity of long distance running. It's sport, but not as you know it.

THEME
Running has the ability to be a truly transformative activity. It gives us time to think; it's a time to switch off; it's an opportunity to experience nature or the city around us; it shapes our bodies for good or ill. That's all come into sharp relief over the last two years and it's something we're thinking about a lot in this issue, from dealing with the grief of a lost loved one through running to dealing with the grief of an injury caused by running; from the ways running shapes our personalities and our ambitions, to the way running is having to change in a post-pandemic world to accommodate competition in a way that is both safe and authentic. This is also our first redesign issue, so transformation is burnt into the DNA of this one.

ランニングには、真にトランスフォーメーションになる能力があります。私たちのスイッチをオフにし、考える時間を与えてくれます。それから、自然、それか街との体験をする機会を与えます。それは私たちの体を善悪のために形作ります。それはこの過去2年間ですべてはっきりと浮き彫りになりました。失われた愛する人の悲しみと向き合うことから、走ることによって引き起こされる怪我の苦しみに向き合うまで、私たちはこの号の中でよく考えました。ランニングが私たちの個性や野心を形作る方法から、パンデミック後の世界で安全かつ本物の方法で競争に対応するためにランニングを変える必要がある方法まで。これは私たちの最初の再デザインの号でもあるので、トランスフォーメーションはこの号のDNAへと燃焼していきました。

STORY BEHIND THE COVER
This issue came together during Covid and the cover art comes from a race in Italy - one of the first cross country races to be held when racing tentatively returned. This young athlete is exhausted and breathless, but it's entirely his own doing: he's in control. We found that kinda powerful: this idea of renewal and wrestling back control of your destiny through running.

この号はCovidパンデミックの間に作られ、このカバーはレースがとりあえず再び再開し始めin the bankたとき、イタリアで初めて行われたクロスカントリーレースのものです。この若いアスリートはとても疲労し、息切れをし、でも彼は彼自身コントロールの中にいます。私たちはこの中に何か強さというものを見つけました。それはランニングを通してあなたの運命のコントロールを一新し、取り戻すという考えです。

BEST MOMENT TO READ
Sunday afternoon, with a long run in the bank, after too many carbs over brunch, with a pot of fresh coffee brewing and nowhere else to be for the rest of the day.

日曜の午後、岸辺でのロングランの時や、ブランチで炭水化物が多すぎた後、淹れたてのコーヒーを淹れるポットがあり、その日の残りの時間どこにも行かない時。

SOUNDTRACK
I wouldn't claim to speak for everyone involved in putting METER together, but I struggle to read and listen to music with English language lyrics, so a failsafe for me is the Éthiopiques series of Ethiopian music from the 60s and 70s. Ethiopia produces amazing runners, great coffee and food, and some great music, which feels like fitting soundtrack to a Sunday afternoon reading about running.

METERを作り上げるのに関係したすべての人に言えることではないと思いますが、英語の歌詞で音楽を読んだり聞いたりするのは結構大変だったりします。なので、私にとっての安全パイは、60年代と70年代のエチオピア音楽のÉthiopiquesシリーズです。エチオピアは、素晴らしいランナー、素晴らしいコーヒーと食べ物、そしていくつかの素晴らしい音楽を生み出しています。これは、日曜日の午後のランニングについての読書にぴったりのサウンドトラックのように感じます。

Date published
November 2021
Country / Language
USA / English
Reason for print format
Running and reading share a lot in common - when we're doing either, we tend not to be looking at our phones. That's a good thing. Print encourages us to take time out from the noise of the online world and pursue a feature from start to finish. That leads to serendipity, new discoveries and new connections. It's also a permanent record, something that sticks with you for some time; METER is published biannually, so there's time to engage with it at your own pace. The longer we spend online, the more we recognize that print serves a unique purpose, and we miss it when it's not there.

走ること、読むことは多くの共通している部分を持っています。私たちがどちらかをしている時、自分たちの携帯を見つめることはありません。これはいいことです。プリントは、最初から最後までの先を追うことや、オンラインの世界の騒音から私たちを遠ざけてくれます。それは偶然性、新しい発見、そして新しいつながりへと導いてくれます。それは永久的な記録でもあり、しばらくの間あなたのそばにいてくれます。METERは年に2回発行され、自分のペースでそれに浸れる時間があると思います。オンラインで過ごす時間が長ければ長いほど、印刷物が独自の目的を果たしていることに気づき、もしそれががない場合はまさにそれ見逃してしまいます。

Website / Instagram
tracksmith.com/ @tracksmithrunning