Mishou magazine Issue 1

Regular price $12.00

Tax included.
Topic
Highlighting work by artists ages 15 and under

THEME
The first issue is centered around the theme of “Stone Soup,” inspired by the eponymous folktale about coming together as a community to help one another. Activities include designing your own written language with artist Aidan Koch, creating art prints with food scraps, “Find the Difference,” and a maze on the back cover by New Yorker illustrator Joana Avillez. The issue also includes contributions by young artists living on the Navajo Reservation in Arizona, a family of artists in Hong Kong, submissions by children all around the world, and much more.

この号は ”ストーンスープ”をテーマに、コミュニティー、として集まって助け合うという名の由来の民話にインスパイアされています。Aidan Kochによる、自分のオリジナルの言語を作りだす遊びや、生ゴミでのアート制作、ニューヨークのイラストレーター、 Joana Avillezによる、裏表紙の「 Find the Difference 」という迷路などたくさんのアクティビティーが揃っています。この号にはそれからアリゾナのナバホ保護区に住む若いアーティストたちや、香港のアーティストの家族、世界中の子供たちによる寄稿など、盛りだくさんです。

STORY BEHIND THE COVER
The cover art is a selection from the submissions for issue #1's Stone Soup prompt. Every issue will have a few of the submissions artists' work on the cover -- all ages 15 and under. The quote is by Fabian, the artist that illustrated the white bells, talking about his piece.

カバーアートは、創刊号の寄稿( 15歳以下のすべての子供たち)から選ばれたものです。すべての号には、アーティストの作品のいくつかが表紙に掲載されます。引用は、白い鐘を描いたアーティスト、Fabianが彼の作品について語っています。

BEST MOMENT TO READ
Like I said for Dizzy, we hope that our magazines can be there when our readers need to take a moment away from the internet. A tactile reading experience can re-center us in a space outside of the internet. Eyes resting upon a page is a much different physical experience than eyes working to decode a screen. Children, in particular, have had to find new ways to learn and play. With so much of our lives happening on the computer, a lot of us haven't been able to see people in the way we used to. Even though these changes have been challenging, humans have a great ability to adapt. It is clear that kids are among the most open and flexible with change. Grown-ups can learn a lot from kids!

Dizzyの時に言ったように、読者がインターネットから少し離れる必要があるときに、私たちの雑誌がそこにあることを願っています。触覚的なリーディング体験は、インターネットの外の空間に私たちを再び集中させることができます。ページの上に目を置くことは、スクリーンの解読をする目より、まったく違う感覚的体験です。特に子供たちは、学び、遊ぶための新しい方法を見つけなければなりません。コンピューターが必要不可欠な私たちの生活の中で、昔のような人々は見ることができません。これらの変化は困難でしたが、人間には適応する優れた能力があります。子供たちが変化に対して最もオープンで柔軟であることは明らかです。大人は子供からたくさん学ぶことができます!

SOUNDTRACK
I listened to a lot of Kate Bush when putting the magazine together. Her music is fun, because she can be a bit theatrical, and tells fantastical stories. If it's easier for you to read listening to music without lyrics, I would recommend the In The Mood For Love soundtrack.

この雑誌の作業中、Kate Bushをたくさん聞いていました。彼女の音楽はハッピーで、少し演劇的であり、幻想的な物語を唄っているからです。もし、歌詞なしの音楽の方が何かを読んでいるときいいなら、「 The In The Mood For Love 」のサウンドトラックをおすすめします。

Date published

May 2021
Country / Language
US / English
Reason for print format
We approach each issue with the hope that it is something you’ll want to put on your bookshelf, and come back to, rather than it being a disposable news source. I've found, at least speaking for myself, that once I read an article online, I close the tab and that's it. I still have so many of the books I grew up with, and collected throughout the years. I can easily pull them out of my shelf and re-engage with the content. I think that print encourages you to spend more time with the work, and each artist. Additionally, seeing artwork on a page is a step closer to what it looks like in person. We like the idea of the magazine serving as a physical archive of the artists' work -- who knows what will happen to the internet in the future!

私たちは何かみんなが自分の本棚に置きたくなるような、そして簡単に消耗されるようなニュースソースじゃなく、時々読み返せるものを作っていきたいと毎号考えていてます。自分のことを話すと、一度オンラインの記事を読んだら、もうそのタブは閉じてそれで終わり。私は一緒に昔から成長してきた、何年もの歳月を超えて集まったたくさんの本をまだ持っています。そして簡単にその自分の棚から出してはまたその内容たちに夢中になって読み返します。印刷物はきっとあなたに作品そしてアーティストとの時間をもっと与えてくれるでしょう。付け加えて、ページのアートワークを観ることは、実際にはどういう風に見えるかとういうことに近ずくひとつのステップです。私たちはアーティストの作品のアーカイブとして提供できるマガジンの役割が好きです。将来、インターネットというもに何が起きるかだれもわかりません。