NESS Issue 3: WHAT'S AN OBJECT?

Regular price $20.00

Tax included.
Topic
Architecture & Design

THEME
The objects, and presenting it as a question (What’s an Object?) is a way of changing the perspective and opening up the conversation to new processes and reconfigurations. Objects are linked to experiences that are not only about the haptic. Objects can transcend physical limits and measures. Objects can condition the way we inhabit, can give us shelter, inspire, be useful, be luxurious, be infinite, be intangible. An object, the phone with a camera was crucial to the BLM movement. An object, a piece of paper with a vote has had the power to renew hope for democracy. Another complex object, a vaccine has dragged emotions and geopolitics for months. 2020 has made us re-signify other objects such as monuments, roofs, computers as means to access to education, streets, domestic spaces and not take them for granted.

オブジェクト( 物体、物 )、そしてオブジェクトとは何か?という疑問の提示は新しいプロセス、そして再構成の会話の視点の変え方、視野を広げるということです。オブジェクトは、触覚だけでもない経験とリンクをしています。そして物理的な限界と対策を超えることができます。オブジェクトは私たちの住む方法を調整し、避難所を与え、刺激し、有用であり、豪華であり、無限であり、無形である可能性があります。カメラ付きの携帯電話は、BLMのムーブメントに必要不可欠で、投票の一枚の紙には、民主主義への希望を新たにする力がありました。もう一つの複雑なオブジェクトであるワクチンは、感情と地政学を何ヶ月も引き込んでいます。 2020年には、モニュメント、屋根、コンピューターなどの他のオブジェクトを、教育、公道、家庭用スペースにアクセスする手段として再指定し、それらを当然のこととは見なさないようにされました。

STORY BEHIND THE COVER
The image on the cover was created by MOS and we think that brings an interesting paradox, were impersonated objects (as the speaking buildings in this issue) present themselves without closure, and blurring the limit between being a physical and a digital object.

カバーイメージはMOSがデザインし、それは興味深いパラドックスをもたらしてくれます。(この号で話す建物のように)偽装されたオブジェクトは閉鎖せずに現れ、物理的なオブジェクトとデジタルオブジェクトの限界を曖昧にします。

BEST MOMENT TO READ
NESS has 3 different sections that propose diverse approaches and moments to read them. For this issue, in the Browser section, the work of Stephen Burks is perfect for a Sunday morning with a cup of coffee listening to Joy Division’s Unknown Pleasures or the interview with Timothy Morton in the Dossier, it reads better at the end of the day, with a glass of Whiskey and listening to Sonic Youth. Finally, in Documents we featured MOS and Productora, it has a lot of visual information that can be scrutinized and analyzed while working and looking for triggers in a creative environment, listening to Kraftwerk.

NESSは読者に多様なアプローチと、モーメント、を提案する3つのセクションが用意されています。この号のブラウザセクションでは、スティーブン・バークスの作品はジョイ・ディヴィジョンを聴きながら、コーヒーを飲む日曜日の朝に完璧で、アンノウンプレジャー、または、The Dossier,ティモシー・モートンのインタビューは、ソニックユースを聴きながら、ウィスキーと一緒にその一日の終わりにいいと思います。最後に、クリエイティブな環境で作業したり何か引っかかるものを探したりしながら、精査して分析できる多くの視覚情報が含まれている、MOSとProductoraを取り上げたドキュメントは、クラフトワークを聴きながらがいいと思います。

SOUNDTRACK
We included this in the previous answer.

この一つ前の質問の答えに含まれているよ。

Date published
November 2020
Country / Language
USA / English
Reason for print format
As it can tell by this issue’s title, we are fixed with objects. We think of NESS as a repository of ideas of our time. We have the strong confidence that there are still things that can remain, have a value and a certain stability in this dispersion in which we live today. NESS was created with the logic of being an archive of ideas and reflections that in the future can be organized and understood to build new ideas and knowledge on them.

この号のタイトルからわかるように、私たちはオブジェクトに捉われています。NESSを私たちの時間のアイデアの貯蔵庫として考えています。私たちが生きているこの分散された世界で、そこに残り、価値があり、一定の安定性があるものたちがまだ存在するということを強く信じています。NESSは新しいアイデアが生まれ、それらに関する知識、そしてそれらが整理、理解され、将来につながるのアーカイブの思考によって創られています。

Web site / Instagram
nessmagazine.com / @ness_magazine