NYRA Issue 20

Regular price $12.00

Tax included.
Topic
Architecture
( Reviews architecture, in New York )  

THEME
We do not have themed issues, preferring to pursue multiple themes across issues, but one cool thing in this issue is a centerfold designed by Freer Studio with drawings of New York's supertall towers by the Hungarian artist Andi Schmied, accompanied by sly quotes from Schmied's book, Private Views: A High-Rise Panorama of Manhattan.

テーマはどの号にも設けてはいませんが、号全体でいくつかの問題を探求することが好きです。でもこの号のクールな点の1つは、ハンガリーのアーティスト、アンディ・シュミット著、「プライベートビュー:マンハッタンの高層パノラマ」から内緒で引用した、ニューヨークの超高層タワーの図面と、フリーアスタジオの中折りデザインです。

STORY BEHIND THE COVER
It is a cluster of jasmine blooms, the first of many spring flowers scattered throughout the issue.

ジャスミンの花の房ですが、春の最初のたくさんの花がこの号全体に散りばめられています。

BEST MOMENT TO READ
Over your morning coffee in your garden, or, coffee proving unavailable, on the 6 train, wedged between at least two other commuters, standing.

あなたの庭で朝のコーヒーを飲みながら、それか、コーヒーが手に入らない時、6番線の、少なくとも、二人の通勤者の間に挟まれて立っている時。

SOUNDTRACK
Our graphic designer Erik Freer tells us he was listening to rEAGENZ (2021 Remaster) while designing the issue. "Maybe it should be something less obscure?" says Alex, the issue editor, "I doubt this would register with very many people!" But then we decide that perhaps, if you are already seeking out niche publications, a niche soundtrack may win further respect.

グラフィックデザイナーのErik Freerは、この号のデザイン中にrEAGENZ(2021 Remaster)を聴いていたと語っています。 この号のエディターAlexは、「多分もっとそれは無名でないものがいいんじゃないか?」と言っていて、「このアーティストをたくさんの人が知っているとは思えない!」。でも、もしみんながニッチな出版物を探していたら、ニッチな音楽がここでは尊敬されるべきなんだろうなとは私たちは思いました。

Date published
May 2021
Country / Language
USA / English
Reason for print format
We meant to post all the content to instagram, but our phone died, and we could not find the charger.

全てのコンテンツをインスタグラムに投稿しようと思っていましたが、携帯の充電は切れてて、充電器が見つからなかったんです。

Web site / Instagram
nyra.nyc / @nyreviewofarhitecture