OVER UNDER Issue 1

Regular price $25.00

Tax included.
Topic
Film photography

THEME
This first issue is aptly named as INAUGURAL. Beyond the obvious, the inaugural issue does feel like a new start into a different medium of sharing analog work through another analog medium.

この最初の号は、適切にINAUGURAL (就任の、開始の) と名付けられています。明らかなことを超え、INAUGURALイシューは、別のアナログ媒体を介してアナログ作品を共有するというまた違ったメディアへの新たな始まりのように感じます。

STORY BEHIND THE COVER
In July 2020, the cover image was taken by Dylan Barnes on a cross country bicycle ride across South Korea. This image was more so chosen due to its minimal visual aesthetic, but also has a nice background story of a long journey, echoed by our efforts in creating our first issue.

2020年7月、表紙の画像はディラン・バーンズが韓国を横断するクロスカントリーバイクで撮影しました。この画像は、その最小限の視覚的美学のためにかなり中で選ばれましたが、最初の号を作成するための私たちの努力によって反映された、長い旅の素晴らしい背景ストーリーも持ち合わせています。

BEST MOMENT TO READ
Ideally, this issue is best read on a weekend morning, just after waking up and making coffee. The accompanying playlist in the back of the issue should be playing as well.

理想的にこの号は、週末の朝、起きてコーヒーを淹れた直後に読むのが最高です。号の後ろに掲載されているプレイリストも聞きながら。

SOUNDTRACK
1. The Start of Things by Trent Reznor & Atticus Ross 2. Oh, Memory by Julianna Barwick 3. グッドバイ by Toe 4. Sweetest Kill by Broken Social Scene 5. Rooftop by This Will Destroy You 6. Home by Explosion In The Sky 7. Revive by For A Minor Reflection 8. Keep Your Splendid Silent Sun by sleepmakeswaves 9. Connection by JAMBINAI 10. 3-3 by Gliterring Blackness, Fall



Date published
August 2020
Country / Language
USA, South Korea / English
Reason for print format
When we first started printing and showing our work together in Tampa, Florida, seeing our friends’ images in the physical form was something special. It felt different and more meaningful. The interactions and conversations with the local community, who spent their time to support us and come see our work, was something we will never forget. We came together to create something in print that showcased a few of our friends’ photographic work, reminiscent of the photography exhibitions we put together in Tampa years prior. With a bit more time on our hands as the virus became more prevalent, we were both now working remotely from home. It felt like it was the right time to embark on a new project. At first, we just wanted to get something out there. We already wanted the project finished from the start. However, we had a few non-negotiables in terms of a final product. It had to feel like a substantial final product. It had to be a product that the photographers involved would be proud of. Lastly, it had to be something that focused on and felt true to the work of all of those involved. It had to be done with integrity. As they say, anything that is worth doing, will take time. Not long after, we found ourselves engulfed in the process of tailoring the finer of details of which we swore we wouldn’t mull over when we first started the project. But we quickly began to realize that things that are worth doing will take time, and in that time, we should appreciate the journey just as much as, and if not more than, the end result.

フロリダ州タンパで最初に一緒に作品を印刷して展示し始めたとき、友人の画像を物理的な形で見ることは特別なことでした。それは違った、より意味のあるものだと感じました。私たちを支え、作品を見に来てくれたコミュニティーとの交流や会話は、決して忘れられないものでした。私たちは、数年前にタンパで開催した写真展を思い起こさせる、友人の写真の作品のいくつかを紹介する印刷物を作成するために集まりました。ウイルスが蔓延するにつれ、少し時間がかかったので、私たちは自宅から離れた場所で作業をしていました 新しいプロジェクトに着手するのにはふさわしい時期だと感じました。最初は、ただ何かを発信したかったのです。プロジェクトを最初からすでに終わらせたかったのです。しかし、最終的にできたものに関して、交渉の余地のないものがいくつかありました。それは実質的なものでなければいけないと思っていました。携わった写真家たちが誇りに思うものでなければなりませんでした。最後に、それは関係者全員の仕事に焦点を合わせ、真実であると感じられるものでなければなりませんでした。それは誠実に行われなければなりませんでした。彼らが言うように、やりがいのあることは何でも時間がかかります。その後間もなく、私たちは、プロジェクトを最初に開始したときに、 熟考しないことを誓った細階部分をを調整するプロセスに夢中になっていることに気づきました。しかし私たちはすぐに、やりがいのあることには時間がかかることに気づき始めました。 その間に、それ以上ではないにしても私たちは最終結果と同じくらい、その過程に感謝する必要があると思います。

Website / Instagram
overunder.dev/ @overundermag