PLASMA Issue 6

Regular price $19.00

Tax included.
Topic
Interplanetary Art & Science

THEME
PLASMA 6 turns its gaze towards the pale blue dot. This issue’s Earth-centric focus is highlighted by articles featuring everything from environmental issues to artistic perspectives, and ultimately sheds a new light on the meaning of our space endeavors. To our astonishment, this year’s Earthly theme has been more on point than ever before. Issues spanning the climate crisis, the COVID-19 pandemic, and racial inequity has allowed us to reflect with more intensity. Who are we as individuals? As a society? And what does this mean in the context of space exploration? The stars are gazing upon us as we take note of ourselves. We’ve made some great technological advances! But is that enough? PLASMA 6, much like Voyager 1 on Feb 14 1990, takes a look back at ourselves. We delve into the history of the past so that we can better appreciate and tackle the pressing questions of today, providing the reader with a more introspective and human issue.

PLASMA 6は、その視線を淡い青色の点に向けさせます。この号の地球中心の焦点は、環境問題から芸術的な視点まですべてを取り上げた記事によって強調されており、最終的には私たちの宇宙への取り組みの意味に新たな光を当てています。驚いたことに、今回の地球のテーマはこれまで以上に的を射ています。気候危機、COVID-19パンデミック、人種的不平等にまたがる問題により、私たちはより集中的に考え直すことができました。私たち、個々それぞれ何なんでしょうか?社会的に?そして、これは宇宙探査の視点から何を意味するのでしょうか?私たちが自分自身に注意を向けている間、星は私たちを見つめています。私たちはいくつかの大きな技術的進歩を遂げました!しかし、それで十分なのでしょうか? 1990年2月14日のボイジャー1号によく似たプラズマ6は、自分自身を振り返ります。私たちは過去の歴史を掘り下げて、今日のこの差し迫った質問をよりよく理解して取り組むことができるようにし、読者により内省的で人間的な問題を提供します。

STORY BEHIND THE COVER
We took inspiration from the year 2020 as a whole, flipping our lives. David Benski our super talented designer wanted to do an unconventional cover. So it's better to forget what you think a cover is :)

私たちの人生をひっくり返した2020年からインスピレーションを得ました。私たちの非常に才能のあるデザイナー、DavidBenskiは、型破りなカバーをしたいと考えていました。だから、カバーは何かなといことを考えないほうがいいです :)

BEST MOMENT TO READ
On Earth on a Sunday morning with some gingerbread and coffee or green tea. Any space station works as well.

日曜日の朝、地球上でジンジャーブレッドとコーヒーまたは緑茶を飲みます。どの宇宙ステーションもでも同じようにできます。

SOUNDTRACK
The Mandalorian OST or any song by Perel.


Date published
November 2020
Country / Language
Germany / English
Reason for print format
TIt gives the reader the chance to experience the texts in a tactile way, to be remote from the very digital world we are living in.

それは読者に触覚的な方法で文章を体験する機会を与え、この私たちが生きているデジタルな世界から離れるためです。

Web site / Instagram
plasma-magazine.com / @plasmamagazine