Racquet magazine Issue 12

Regular price $20.00

Tax included.
Topic
Tennis culture, art, fashion, style and politics (and a bit of the pro game).

THEME
The cover shows Rod Laver Arena in Melbourne because this issue will be out during the Australian Open. We also explore wintry themes in this issue: Soviet tennis and indoor tennis.

この号が出る頃にはオーストラリアオープン中だと思うので、カバーはメルボルンにあるRod Laver アリーナにしました。あとは冬っぽいテーマ、ソビエトのテニス、インドアテニスなども取り上げています。

STORY BEHIND THE COVER
The cover is by Jonas Wood (@jonasbrwood). It’s one of his paintings of tennis courts and we chose this one because it depicts the Australian Open.

カバーはJonas Woodによるものです。彼のテニスコートのペイント作品の一つで、これを選んだ理由はオーストラリアオープンを描写しているものだからです。

BEST MOMENT TO READ
Is there a bad moment to read it?

読むために悪い瞬間なんてある?

SOUNDTRACK
Gorilla vs. Bear will have an Australian Open mixtape for this issue. Will let you know when it’s live. (But generally their mixtapes—one of their founders is on our masthead.)

Gorilla vs. Bear ( テキサスを拠点にしているミュージックブログサイト ) がこの号のためのオーストラリアオープンのミックステープをあげる予定だよ。またその時教えるね。( でも基本的に、彼らのミックステープかな。彼らの創立者のうちの一人が、私たちの雑誌の発行人です。)

Date published
December 2019
Country / Language
USA / English
Reason for print format
Because the print never went out of fashion as far as we’re concerned—and we feel vindicated by the travails of the legacy sports press, undone by the race for clicks online. Also, tennis is woefully misrepresented in the mainstream sports press.

なぜなら私たちが考える限り、紙媒体が廃れることは一度もなかったからです。オンラインと競争しても辿りつかない、昔から変わらないスポーツプレスの大変さが報われている感じがします。それと主流のスポーツ媒体で、テニスはひどく間違った取り扱い方をされているからです。

Website / Instagram
raquetmag.com/ @raquetmag