Racquet magazine Issue 14

Regular price $20.00

Tax included.
Topic
Tennis culture, art, fashion, style and politics (and a bit of the pro game).

THEME
This one is our solitary pursuits issue, conceived and executed during quarantine. Andrea Petkovic on holiday, selfies from Stefanos Tsitsipas a.k.a. Steve the Hawk and and Serena singing karaoke on the lower East Side..

この号はこのクオランティンの期間中でのアイデア、そして創作した孤独な追及の号となっています。休日のアンドレア・ペトコビッチ、ステファス・シチパスまたはSteve the Hawk(写真家としての名前。)からのセルフィー、そしてローワーイストサイドでカラオケをしているセレナなど。

STORY BEHIND THE COVER
The cover is by Aaron Lowell Denton @aaronlowell. The ribbon represents the rainbows kids hung in their apartment window when lockdown was at its most severe.

このカバーはAaron Lowell Dentonによるものです。このリボンはロックダウンが一番厳しかった時に子供達が彼らのアパートメントの窓にかけたレインボーフラッグを表現しています。

BEST MOMENT TO READ
Is there a bad moment to read it? (But also during the US Open, which against all odds is happening in early Sept.)

読むために悪い瞬間なんてある? ( でも大きな困難にも関わらず開催される9月初旬のUSオープン期間中とか。)

SOUNDTRACK
As usual, Gorilla vs. Bear @gorillavsbear will be dropping a mixtape to go with the issue. Watch @racquetmag for its release.

いつも通り、Gorilla vs. Bear ( テキサスを拠点にしているミュージックブログサイト ) がこの号のために、ミックステープをドロップするよ。私たちのインスタをチェックしといてください。

Date published
August 2020
Country / Language
USA / English
Reason for print format
Because the print never went out of fashion as far as we’re concerned—and we feel vindicated by the travails of the legacy sports press, undone by the race for clicks online. Also, tennis is woefully misrepresented in the mainstream sports press.

なぜなら私たちが考える限り、紙媒体が廃れることは一度もなかったからです。オンラインと競争しても辿りつかない、昔から変わらないスポーツプレスの大変さが報われている感じがします。それと主流のスポーツ媒体で、テニスはひどく間違った取り扱い方をされているからです。

Website / Instagram
raquetmag.com/ @raquetmag