Secret Issue 2

Regular price $20.00

Tax included.
Topic
Culture

THEME
Issue two is about the ways in which we see and are seen. I was inspired by the time I spent working as a delivery person, noticing the ways people can be completely oblivious to the thousands of bikes on the road at any given time. I also wanted to continue on the magazine's overall ethos of shining light on creators that communicate on their own terms.

2号目は私たちの目線、そして捉え方についてです。私がデリバリーの仕事をして、道路にいつでも存在している何千もの自転車に、人々は完全に無関心でいることができることに気づいた時代からインスパイアを受けました。あとは自分たちのそれぞれのやり方で表現しているクリエイター達を輝かしいライトで照らしてあげるこの雑誌のテーマを続けたかったです。

STORY BEHIND THE COVER
It's like a snapshot of a delivery person in Manhattan. I wanted to capture the sense of motion, of how there are moments that happen so quickly, and yet so frequently, that you might miss them if you aren't paying attention.

マンハッタンのデリバリーのスナップショットのようなカバーです。私は、とても素早く起きる瞬間の、そしてそう注意を払ってないと高い頻度で見逃してしまう動作のシーンを捉えたかったんです。

BEST MOMENT TO READ
Right now. As the world collapses around us. One of the most satisfying things about making Secret has been seeing how many people agree with this overall sentiment. Just knowing that a lot of people out there are as bored with the status quo as I am.

今すぐにでも。この世界は私たちの周りを崩壊させていっています。この雑誌を作って一番満足していることは、この全体的な意見に同感する多くの人たちに出会えることです。たくさんの人がわたしと同じようにこの現状にうんざりしているんだということです。

SOUNDTRACK
Slauson Malone.


Date published
February 2020
Country / Language
USA / English
Reason for print format
Because I think the only way to create a real relationship with an audience is to give them something they can feel. It's easier to be vulnerable offline, and I think readers are starting to crave experiences that feel safe from the constant monitoring of social media and the web.

読者とリアルに関係を作れる唯一の方法は、彼らが感じることができるなにかを与えてあげることだと思っているからです。オフラインの方が素直になりやすいし、読者たちはソーシャルメディアや、ウェブでのお互いを常に監視しているようなことを感じない経験を探り始めていると思います。

Web site / Instagram
 @_secretmgazine