SKATEISM Issue 4 ( PRIDE )

Regular price $10.00

Tax included.
Topic
Skateboarding; LGBTQ+. Travel, DIY

THEME
PRIDE. In celebration of PRIDE month around the world, SKATEISM decided to dedicate this issue to the word. With it comes many notions of PRIDE, but first and foremost the LGBTQ+ culture’s exploration of it. We also wanted to showcase the PRIDE that we can feel for our culture right now, and where we can still do better - both in terms of its acceptance (or otherwise) of sexuality and gender, but also in terms of its global reach and desire to improve itself.

プライドがテーマです。世界中でプライド月間の最中、SKATEISMはこの号を捧げることに決めました。プライドは様々の形を持ちますが、何よりも、LGBTの人たちにとってプライドというのはどういうことかを紹介したかった。スケートカルチャーに対して感じる誇りと同時に、そのカルチャーのジェンダーやセクシャリティーに対する寛容さの不足など、それ以外のまだまだ改善が必要な部分についても語りたかった。

STORY BEHIND THE COVER
Sam McGuire, photo editor and undercover-daddy at SKATEISM, caught a flight to New York at a day’s notice to meet Brian Anderson - first male pro-skateboarder to come out publicly - for this shoot. Within moments, BA’s donned his leather and Sam’s flashing all over the place.

SKATEISMのフォトエディターであり、ダンディーなイケメンでもあるSam McGuire、この撮影のBrian Andersonに会う予定のニューヨーク行きの飛行機に彼は間に合いました。Brian Andersonは世間にカミングアウトした一番最初の男性プロスケーターです。彼は自分のレザージャケットを身につけ、Samのフラッシュライトが辺り一面に散らばっていました。

BEST MOMENT TO READ
Whenever you’re feeling like the world’s a little dark, we hope these stories will help you see the pockets of light hidden everywhere.

この世界に不安を感じてしまったどんなときでも、これらのストーリーがあなたがどこにでも隠れている光の穴を見つける手助けになってくれることを願っています。

SOUNDTRACK
TEA by COBRAH.


Date published
January 2019
Country / Language
Europe,USA / English
Reason for print format
We wanted to create something of high quality, substantial, which is something which is sorely lacking in skate-media print publications. Being able to offer long-form stories which cover underground and overlooked projects and personalities, which could take space as a platform for these people, required something tangible.

スケートのプリントメディアではあまり見かけない、クオリティーが高く、本質的なものを作りたかった。アンダーグランドの活動の流れ、普段注目を浴びてない人たちやプロジェクトの話を長い文章で紹介するには、形のあるものである必要があった。

Website / Instagram
skateism.com / @skateism