SKATEISM Issue 6 An educational issue about race.

Regular price $15.00

Tax included.
Topic
Skateboarding

THEME
After seeing the BLM protests and uprisings and witnessing some people’s true colours, we wanted to use our platform to share the incredible stories of 9 skaters of color growing up in different parts of the world, their experiences, as well as their thoughts on the BLM movement. Dr. Neftalie Williams was the person that we thought would be the ideal guest editor for this issue, as he has been exploring race and diversity in skateboarding for many years now. With no restrictions or agenda, he had deep conversations with people such as Mike John, Nassim Guammaz, Khule Ngubane, Jaime Reyes, Maicol Cortez, Sal Barbier, Seu Trinh, Samarria Brevard and Thomas Teixeira.

BLMのプロテストと暴動、人々の本当の色を目撃した後、私たちは自分たちのプラットフォームを使用して、世界のさまざまな地域で育った9人の有色のスケーターの、信じられないほどのストーリー、彼らの経験、そしてBLMムーブメントに関する彼らの考えを共有したいと思いました。ネフタリー・ウィリアムズ博士は、スケートボードの人種と多様性を長年研究してきたた人で、この号の理想的なゲスト編集者になると私たちは考えました。制限や議題なしで、彼はマイク・ジョン、ナシム・グアマズ、クレ・ングベイン、ハイメ・レイエス、マイコル・コルテス、サル・バルビエ、スー・トリン、サマリア・ブレヴァード、トーマス・テイシェイラなどの人々と深い会話を交わしています。

STORY BEHIND THE COVER
Neftalie, our guest editor, connected photographer Seu Trinh, with our cover girl Samarria Brevard. They had never met each other before but Neftalie knew that their energies and personalities would align. As predicted, the two of them met in LA, had lunch and smoothies and Seu's house before creating the portraits and going out to take more skate photos. They have been friends ever since.

ゲストエディターのネフタリーが、写真家のSeuTrinhとカバーのSamarriaBrevardをつなげてあげました。彼らはこれまでお互いに会ったことがありませんでしたが、ネフタリーは彼らのエネルギーと個性が一つになることを知っていました。予想通り、2人はLAで出会い、ランチとスムージー、そしてSeuの家でポートレートを作成し、スケートの写真を撮りに出かけました。それ以来、彼らは友達です。

BEST MOMENT TO READ
Now. The year this issue was released was a difficult one but one that will remain in history. If you feel like you want to learn more and create a change, this issue is for you.

今。この号が発行された年は困難な年でしたが、歴史に残る年でした。もっと学び、変化を起こしたいと思うなら、この問題はあなたのためです。




Date published
2020
Country / Language
Europe,USA / English
Reason for print format
We wanted to create something of high quality, substantial, which is something which is sorely lacking in skate-media print publications. Being able to offer long-form stories which cover underground and overlooked projects and personalities, which could take space as a platform for these people, required something tangible.

スケートのプリントメディアではあまり見かけない、クオリティーが高く、本質的なものを作りたかった。アンダーグランドの活動の流れ、普段注目を浴びてない人たちやプロジェクトの話を長い文章で紹介するには、形のあるものである必要があった。

Website / Instagram
skateism.com / @skateism