Soft Punk Magazine Issue 4

Regular price $18.00

Tax included.
Topic
Arts & Culture, Literature

THEME
We called it The Black (And White) Album because we went (almost) completely grayscale with this issue. From a design standpoint, it was a fun wrinkle to add to the mix, and we also wanted to give ourselves a real curatorial challenge – all of the artwork in the issue was made in grayscale, which gave us fun parameters!

この号はほとんどが白と黒で構成されているので、ブラック(ホワイト)アルバムと読んでいます。デザインの観点から、このミックスを加えるのは楽しい妙案でした。そして私たちは自分自身に本当のキュレーターの挑戦をしたかったのです。この号のアートワークはすべてグレースケールで作成されており、楽しい制限が設けられてました。

STORY BEHIND THE COVER
I was once told by an editor whom I really admire that you don't know who you are as a magazine until your fourth issue. Well, we're here, and we've found that we're a publication that is happily progressive and fresh; eager to take a stance and push buttons. Accordingly, using Corbin Shaw's work – so full of youthful, tongue-in-cheek antagonism – felt like a perfect fit.

私はかつて本当に尊敬している編集者に、自身の4号目までは雑誌としてあなたが誰であるか決して分からないということを言われたことがあります。そして、私たちはここにいます。私たちは幸せに進歩的で新鮮な出版物であることがわかりました。スタンスを取り、ボタンを押すことを強く願っていました。したがって、コービン・ショーの作品を使用することは、若々しく、皮肉まじりで、敵意に満ちているので、完璧にフィットしているように感じました。

BEST MOMENT TO READ
I've said this before, but I would say when you have a moment to think – we've leaned into our (small) reputation as a serious outlet for thoughtful, off-the-wall journalism and fiction, and we have the great luxury of working with some of the most exciting names in contemporary writing, so the work – I won't say the magazine as an entity itself – is very much worthy of some time.

これは前にも言いましたが、考えてみてください。私たちは、思慮深く、壁を越えたジャーナリズムとフィクションの真剣な出口としての(小さな)評判に傾倒してきました。私たちは現代の執筆で最もエキサイティングな名前のいくつかと協力するという素晴らしい贅沢を持っています。私は雑誌自体を実体とは言いませんが、しばらくの間は非常に価値があります。

SOUNDTRACK
I was absolutely hooked on Billy Bragg and The Waifs this issue. How's that?

私はこの号のビリー・ブラッグとザ・ワイフスにかなり夢中になりました。どうですか?

Date Published
2021
Country / Language
US + UK / English
Reason for print format
Because nothing beats reading something that you can hold.

手に持つことができる読み物に勝るものはないからです。

Website / Instagram
 softpunkmag.com/@softpunkmag