Spunk - Art and Perspectives Issue 14

Regular price $12.00

Tax included.
Topic
Literary Art Journal

THEME
The theme is ‘Performance.’ There are many different kinds of performance: theatrical, musical, public, private, professional, sexual, etc. The theme, as always, is meant to be interpreted in different ways. At some point after moving to LA, after many years in NYC, I realized I was around more performers than I ever had been before. As a non-performer, I have an outsider interest in it.

今回のテーマはパフォーマンスです。さまざまな種類のパフォーマンスが存在しています。演劇、ミュージカル、パブリック、プライベート、プロフェッショナル、セクシャル…。いつものように、テーマはいろんな方向で解釈されることを意図しています。 ニューヨークで何年も過ごした後、LAに引っ越してから、私は以前よりも多くのパフォーマーがいるということに気づきました。パフォーマーではないものとして、アウトサイダー的興味をその中に持っています。

STORY BEHIND THE COVER
TYes. I met the photographer Eric Johnson while living in New York. We had some friends in common. I was blown away by his eye and the seemingly diverse communities he shoots and brings together. He contributed a few shots to Spunk issue no. 10, and I’ve wanted to have him back in the pages ever since. I suggested running a series of shots in the new issue. He was into it. The cover was still up in the air; it seemed like a no-brainer. He had just done a shoot with Kaner Flex and Mela Murder. He sent me a series of shots of the two of them to consider for the cover. I suggested this one, and he said that was his favorite, too.

表ニューヨークにいた時に写真家のエリック・ジョンソンに会いました。私たちは共通の友達がいました。私は彼のその着眼点と彼が撮影して集めた一見多様なコミュニティに驚かされました。彼はSpunkの10号目でいくつか撮影をしてくれました。それ以来、私はいつか彼の作品をまたページに戻したいと思っていました。私は新しい号で一連の撮影をやろうと提案しました。彼はそれにとても興味がありました。カバーはまだ決まっていなかったのですが、考えるまでもありませんでした。彼はKaner FlexとMela Murderと一緒に撮影をしたばかりでした。彼はカバーのアイデアとして、2人の一連のイメージを送ってくれました。私はこれをカバーとして提案し、そしてそれは彼のお気に入りでもありました。

BEST MOMENT TO READ
This being the ‘Performance’ issue, I would say whenever you have some time on your hands and have the desire to experience life in someone else’s skin.

これはパフォーマンスの号なので、どんな時でもあなたが時間があり、誰かの肌での生活を体験したいという願望があるときはいつでもいいと思います。

SOUNDTRACK
Joe McPhee, ‘Nation Time’ LP (1971). I had the pleasure of interviewing him for the issue. The album was an immediate underground classic. It resonated strongly with the times, and times have changed less than many think. ‘Nation Time’ may never have sounded more urgent.

Joe McPhee、「Nation Time」LP(1971)。私はこの号で彼にインタビューすることができてとても嬉しく思いました。このアルバムはすぐにアンダーグラウンドなクラシックになりました。それは時代と強く共鳴し、時代は多くの人が考えるほど変化していません。 「NationTime」がこれほど切実に聞こえたことはないかもしれません。

Date Published
Sep 2021
Country / Language
USA (but international contributors) / English
Reason for print format
Spunk issues are designed to be timeless artifacts (none of the contents are time-sensitive) and to be kept on your nightstand, coffee table, or book shelf, investigated and reinvestigated at will. They are as much about the design and the sequence of images and texts from page to page, spread to spread, as they are about the individual parts. Civilizations come and go and often our only clues as to who people were and what they did are the physical objects they left behind. Spunk is intended to be such an object.

Spunkは永久的なものとして、そしてあなたのベッドのすぐそば、コーヒーテーブルや本棚に置かれ、いつでも好きなように手に取れるようにデザインされています( どのコンテンツも特に時間に縛られてはいません。 )。それぞれのアートや記事一つ一つが大事なように、全体のデザイン、アートと文章の順番も大事です。文明は生まれて消えていくものなので、彼らがどういう社会だったのか、何をしていたのか、彼らが残したものから読み取ることができます。Spunkはそういったものの存在を目指しています。

Website / Instagram
spunkartandperspectives.com / @spunkartandperspectives