Stoops Issue 9

Regular price $8.00

Tax included.
Topic
Skateboarding

THEME
Issue 9 of Stoops celebrates the cool kids in skateboarding. Those that are unapologetically their own unique selves. While we are usually spoon fed those we are told are "cool," or come across those that are trying so hard to seem cool, it is refreshing to see people that do not care for such titles and were never handed them.

Stoopの9号目はスケートボーディングのクールなキッズたちを取り上げています。 彼らは申し訳なさそうにユニークな自分達自身でいます。私たちはいつも、クールと言われたり、逆にクール見えないようにしている人に出会ったりしますが、そのようなタイトルを気にせず、今まで取り上げられなかった人たちと出会うのはとても新鮮です。

STORY BEHIND THE COVER
There is not much of a story, in particular, behind this cover, but I just loved this image when the photographer Clement Le Gall sent it my way. It reminds me of classic bowl photos shot from the danger zone, where there is a high likelihood of getting hit by a board at full speed. The skater, Sam Partaix, is also very stylish and just naturally cool on a skateboard.

特にストーリーはないんですが、写真家のClement Le Gallが送ってきたこのイメージをとても気に入っていました。全速力でボードにぶつかる可能性が高いデンジャーゾーンから撮影された古典的なボールの写真を思い出させます。スケーターのSam Partaixもとてもスタイリッシュでスケートボードの上で自然でクールです。

BEST MOMENT TO READ
When doubting yourself and your purpose. When wondering why you were born you and not someone with more opportunities presented to them. Just know that you control your own narrative and coolness is subjective. I think you are cool.

あなた自身とあなたの目的を疑うとき。なぜあなたが生まれたのか、なぜあなたではなく、より多くの機会を彼らに提示した人ではないのかと疑問に思った時。あなたがあなた自身の物語をコントロールし、クールさが主観的であることを知ってください。そうですあなたもクールなんです。

SOUNDTRACK
Forest Whitiker - Brother Ali


Date Published
September 2021
Country / Language
USA / English
Reason for print format
I wanted a way to archive skate photos in physical form and create a venue for tangible imagery.

スケートの写真を物理的な形でアーカイブし、ちゃんと目に見えるイメージの場所を作成する方法が欲しかったのです。

Website / Instagram
stoopsmag.com / @stoopsmag