STORIED Issue 2

Regular price $22.00

Tax included.
Topic
Travel, Lifestyle

THEME
Volume Two takes us on a journey across the length and breadth of Japan, exploring the varied islands of the country, investigating the rise in distinct customs that are held together by a shared Japanese way of life. We venture over waves whipped up by a salty breeze and through forests thick with fresh foliage, across bridges built to bring communities together and above sleeping volcanoes topped with clouds of steam, to ensure that Volume Two, The Islands Issue, is a true collection of lesser known places and tales untold.

2号目では、日本を縦横無尽にまざまな島々を訪れ、探索し、日本の共通の生活様式によって結び付けられている独特の習慣の発展を調査しています。潮風に吹かれて波に打ち寄せられ、新鮮な葉が茂る森を通り抜け、コミュニティをまとめるために建設された橋を渡り、蒸気の雲で覆われた眠っている火山の上を冒険し、この2号目、’’アイランド・イシュー”は あまり知られていない場所や語られたことない物語の真のコレクションであることが確認できます。

STORY BEHIND THE COVER
We wanted to use something that wasn’t automatically associated with ‘islands’, yet we wanted something that was still Japanese in essence. The image we chose is a blend of traditional and contemporary and features a temple setting on Naoshima with a glass staircase by artist Hiroshi Sugimoto.

簡単に「島」に関連付けられていないものを使用したかったのと、本質的にはまだ日本というものが必要でした。私たちが選んだイメージは、伝統と現代が融合したもので、アーティストの杉本博司によるガラスの階段が特徴の直島を舞台にした寺院です。

BEST MOMENT TO READ
Anytime! It is a summer release, but we endeavour to keep all of our content as timeless as possible. We tell tales with longevity so that each issue of STORIED is as relevant now as it will be in two, or three, or five years time.

いつでも!これは夏に発売ですが、私たちは、すべてのコンテンツを可能な限り時代を超越したものに保つよう努めています。 STORIEDの各号が、2年、3年、または5年後と同じように関連性があるように、私たちは長寿の物語を語っていきます。

SOUNDTRACK
Nao, Saturn


Date published
March 2020
Country / Language
Japan / English
Reason for print format
From Rachel, our Founder: 'I am such a technophobe - give me a notepad and pen any day, and a real book, a diary, a journal. I love the smell of ink and the feel of a beautiful, thick, matte paper. Online is so impermanent, print is just so comforting. I dislike screens - they’re awful for our eyes, our backs, our necks, and keyboards are bad for our wrists. In a world where more and more people are moving online, I wanted to create something more real.’

私たちの創立者、レイチェルより:「 私はとてもテクノフォビア(新技術恐怖症)です。いつでもメモ帳とペン、そして本物の本、日記、ノートは欠かせません。インクの匂いと、美しくて、厚いマットの紙の感触も大好きなんです。オンラインはとても大事なのものですが、プリントはとても気分が安らぐものです。私はスクリーンを好みません。私たちの目、背中、首にとてもよくありませんし、キーボードは手首に悪いです。多くの人々がオンラインへと移行し続けるこの世界で、私たちは、もっとリアルな何かを作りたかったのです。」

Web site / Instagram
storiedmag.com / @storied